賃貸住宅の説明文を記載しますよ。

賃貸物件を借りるときの初期費用とは?

不動産会社を通して賃貸物件を借りる場合は、契約の際にどの位のお金が掛かるのでしょうか?賃貸物件に入居するための初期費用について確認してみましょう。まずは、敷金と礼金が必要ですね。敷金とは、入居中に家賃を滞納することがあったり、退去した後の原状回復費用に充てられるお金のことです。敷金の設定額は具体的な金額ではなく、家賃の何カ月分という具合に決められています。一般的には家賃の1カ月分や2カ月分と設定されています。

また、礼金の方も同じように家賃の何カ月分という形になっています。つまり、敷金と礼金だけでもかなりの出費になることが分かりますね。しかし、最近では敷金と礼金をゼロにしている賃貸物件もあります。入居の際の初期費用を抑えることで、賃貸物件の付加価値を付けているのです。賃貸物件が多く建ち並ぶ激戦区では、何かしらの付加価値を付けないと満室を維持することが難しくなります。物件探しをするときは、初期費用で比べてみるのもいいですね。

Copyright (C)2019賃貸住宅の説明文を記載しますよ。.All rights reserved.