賃貸住宅の説明文を記載しますよ。

賃貸物件に住む際に気をつけること

賃貸物件を借りる際には敷金として賃料の1ヶ月分から2ヶ月分程度預けるお金が必要です。敷金は大家さんに預けておくお金で原則的に退去したら返却されるお金ですが、通常の使用を超える室内の使い方によっては修繕やクリーニング費用が普通よりかさみ、不足分を請求されることがあります。ちょっとした気遣いでお部屋をきれいに使うことができるので気を付けて入居したいものです。

まず、壁紙は物をぶつけて穴を開けてしまったり必要以上に汚さないように喫煙などする人は気をつけます。換気が悪いと室内にカビが生えることもありますので、定期的に毎日換気をするようにします。たんすなどは壁から少し離して設置すると良いです。浴室などの黒カビは一度生えると落ちにくいのでまめに掃除して防ぐようにします。床は傷がつきやすいので注意します。家具をひきずったり、重いものを落とすと傷がつきやすいので気をつけたいものです。椅子やテーブルの脚に傷を防止する専用のフェルトなども売っていますのでそれをつけても良いです。

普段から少しの工夫で気をつけることによって退去まで安心して住めますし、何より室内がきれいに保たれますので気持ちよく快適に生活することができます。

住まい情報のお役立ちリンク集

Copyright (C)2019賃貸住宅の説明文を記載しますよ。.All rights reserved.